home
 
 
外観
 
 
柵原の家
所在地  久米郡美咲町
主要用途 専用住宅
家族構成 祖母+夫婦+子供2人
敷地面積 500.00u
建築面積 186.87u
延床面積 170.36u
構造規模 木造、地上2階
   
 

 かつて鉱山で栄えた柵原町に建つ、ご夫婦と成人された娘さん2人、お祖母さんの5人家族の住宅である。
 田を埋めたてて宅地にした敷地で、場所の手がかり(場所の性格)が少ない所であった。この住宅の「地域と
のかかわり方」はどうあるべきかを考える事がここでの重要な作業に思われた。それがこの住宅の構成を決定
する要因になっている。
 家族団欒の場所(リビング・ダイニング・庭等)が道から直視できるのは計画的ではないと思う。また、の
どかな風景の中に無骨な塀は似合わないように思われた。施主のご要望である2つの玄関(客用と家族用)と車
庫をリニアに配置する事で、塀や門扉がなくても全面道路・隣地とのプライバシーを保てる、「緩やかに閉じ
た中庭」をご提案した。
 断面計画は、柵原町のシンボルである「立坑」が見えることを希望された娘さんの部屋のみが2階にあり、
それに向かって開かれている。他は平屋とし、屋根は緩やかな勾配で心地よい軒の高さを検討した。床は栗の
無垢板の柿渋塗り、壁・天井は石膏の中塗り仕上・手漉き和紙等を基本とした自然素材を選択した。
 劇的な空間や贅沢な素材は用いてないが、10年後にここを訪ねるのが楽しみになるようなデザインを目指
した住宅である。

その他の写真はこちら