home
 
 
南側外観
 
 
東一宮の家
所在地  津山市東一宮
主要用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供3人
敷地面積 315.00u
建築面積 129.68u
延床面積 204.06u
構造規模 木造、地上2階
   
 

 近年、市街化が進んでいるこの地域では有るが、敷地周辺にはまだ沢山の水田を残している。将来の周辺環
境は確定的ではなく、敷地の状況・場所性から設計のヒントを得るのは困難であった。唯一、横野の滝を北端
とする、横野川の流れに沿った南北軸が存在する。この計画は家相による設計原理に悩まされ、第9案で基本
設計の了解を頂いた、ご夫婦と3人の子供さんが住む住宅である。
 玄関ホールの7m近い天井高さを持つ南北に長い吹抜空間がこの住宅を特徴づける。この吹抜空間を通って
全ての部屋にアプローチする計画である。住宅としては大型の南北へ抜ける開口部と天井の高さで、平面的な
狭さを補った。北側の開口部から中国山脈を望む、方向性を持った快適な吹抜空間を目指した。
 もう一つの試みは「庇」である。「晴れの国 岡山」と言えども、「庇」は日本の気候において、生活の上
でも、耐候性からも重要な要素である。この庇を積極的にデザインすることを試みた。この住宅が将来の津山
の町並みの風景に少しでも貢献できれば嬉しい。
 ある制約の中で、部分的な解決を試みることが、今回の施主とこの住宅のための私の役割と考えた。

その他の写真はこちら