home
 
 

北東より見る
 
 
メディカルクレオ

所在地  津山市沼
主要用途 調剤薬局
敷地面積 1331.98u
建築面積  279.43u
延床面積  441.73u
構造規模 木造、地上2階
撮 影  後藤健治

   
 

 

 大手町薬局は岡山県の北部の津山市を中心に県内に10店舗を展開する調剤薬局で、計画道路による立ち退きで新築移転をした本社屋である。

 当設計室は最近の3店舗を継続して設計・監理をさせていただいている。施主の要望である「日本の一般的な調剤薬局のイメージを一新する建築」を考えることから、この計画は始まっている。大手町薬局の3作を通しての建築的なコンセプトは、外部と内部の中間領域を、その建築の置かれる場所によってどう扱うかということであった。また、その操作によって空間の奥行を感じられる建築を目指している。

 この本社屋では広い駐車場と建築の間に、バッファゾーンとして垂直をイメージした植樹帯を計画している。外壁の微妙に傾斜したスリット(開口部)との呼応を試みた。同時に、植樹は建築の形態上のエッジを柔らかくしてくれる効果がある。 病院づけになりがちなお年寄りがこの薬局に来られて、林の中の「木漏れ日」に出会ったときのようなリラクゼイションを感じてもらえるよう、意識的にボリュ−ムのある植栽を心掛けた。

 内部空間も、調剤の待合、OTC薬の売場の壁や商品棚は、敢えて無垢の木材を使用している。レイアウトされた白と黒の壁と見え隠れする吹抜けは、調剤薬局の貧しい造りのイメージからの脱却を目指し、訪れる患者さんの「安らぎ」につながる空間になってくれればと思う。施設全体としても、一般的な調剤薬局ではなく、店舗建築としてのクオリティーと建築が与える地域への強いインパクトを期待している。

 

その他の写真はこちら